神の民として歩む

  • 2020.10.22 Thursday
  • 09:52

「この民イスラエルの神は、わたしたちの先祖を選び、エジプトの地に滞在中、この民を大いなるものとし、み腕を高くさし上げて、彼らをその地から導き出された。」使徒13章17節

 

この箇所は、バルナバとパウロがアンテオケに着き、旧約の歴史とバプテスマのヨハネの姿を通して、イエスさまが救い主であることを語っている一節です。 イスラエルを選び、エジプトにおいて強大な民とし、またその地から導き出された神は、同じように私達をもご自身の民としてくださっています。

 

日々の歩みの中で、様々なことがあります。悩むことつまずくこと倒れることもあります。しかし、私達は神の民とされています。 天の神様をお父さんを呼ぶことが出来る特権を与えられています。

 

今日もいろんなことがあるかもしれません。しかし、私達は神の民です。そして神様が私達を導いて下さいます。KE

2020年10月21日のみことば

  • 2020.10.22 Thursday
  • 02:00
05:22
Step by Step 10月21日 ■□自分の本意、相手の本意□■|テモテ牧師 @KS_timothy #note note.com/timothy_shinta…
  • 0
    • -
    • -
    • -

    100%罪人の自覚

    • 2020.10.21 Wednesday
    • 08:58

    「もしらい病が広く皮に出て、そのらい病が、その患者の皮を頭から足まで、ことごとくおおい、祭司の見るところすべてに及んでおれば、 祭司はこれを見、もしらい病がその身をことごとくおおっておれば、その患者を清い者としなければならない。それはことごとく白く変ったから、彼は清い者である。」レビ記13章12-13節



    これまでは、らい病の患部があれば汚れていると宣言され、7日間隔離されるということでしたが、今日の箇所は、?もしらい病がその身をことごとくおおっておれば、その患者を清い者としなければならない?とあるように、全身がらい病に覆われると清いとされています。

    少し不思議な感じがしますが、主のきよめは、私たち自身が罪人であることを認めるところから始まります。らい病が全身を覆うと清い者とされるように、私たちが罪人100%であると認めることから、本当の悔い改めがスタートしていくということです。

    私たちは、自分の力ではどう転んでも救われることはできません。主のあわれみによってのみ救われます。今日もそのことを覚え、感謝して、1日を始めていきましょう。KE

    罪を放置せず、罪の贖いを受け取る

    • 2020.10.21 Wednesday
    • 08:53

    「もしまたその身の皮の光る所が白くて、皮よりも深く見えず、また毛も白く変っていないならば、祭司はその患者を七日のあいだ留め置かなければならない。 七日目に祭司はこれを見て、もし患部の様子に変りがなく、また患部が皮に広がっていないならば、祭司はその人をさらに七日のあいだ留め置かなければならない。」レビ記13章4-5節



    当時、らい病に対して、祭司が見て病かどうかを判断し、それぞれの症状に応じて対処することが求められていました。そして、聖書に何度も登場するらい病は、私たちの罪を描写されています。

    自分自身に罪がないか、私たちはいつもよく観察することが必要です。祭司は、症状が出ていないからと言って、すぐに?きよい?とはせず、時間をかけて観察し、症状を見極めることが求められていました。

    私たちも日々、御言葉の光に照らされながら、気づいていない罪や放置してしまっている罪がないかを見て、もし見つかるならば主の前に悔い改め、イエス様の十字架の贖いを受け取りましょう。表面的なきよさだけを求めるのではなく、すべての罪を贖い、救ってくださったことに感謝しつつ、今日も主と共に歩んでまいりましょう。KE

    2020年10月20日のみことば

    • 2020.10.21 Wednesday
    • 02:00
    22:21
    おつまみレシピ【Aセット】ビールで乾杯応援プロジェクト×ふたりのみ youtu.be/GCBcG9gcNWc @YouTubeより
    05:19
    Step by Step 10月20日 ■□神に対して富む者となる□■|テモテ牧師 @KS_timothy #note note.com/timothy_shinta…
    • 0
      • -
      • -
      • -

      かさぶたがある。それはきよい

      • 2020.10.20 Tuesday
      • 08:55

      「七日目に祭司は再びその人を見て、患部がもし薄らぎ、また患部が皮に広がっていないならば、祭司はこれを清い者としなければならない。これは吹出物である。その人は衣服を洗わなければならない。そして清くなるであろう。」レビ記13章6節



      今日の箇所で「これは吹出物である。」と訳されている部分を新改訳聖書で見ると、「それは、かさぶたである。」と訳されています。かさぶたがあると、きよいと宣言されました。かさぶたとは怪我の跡ですが、ここでは罪の痕跡を表しています。かさぶたを見るときに怪我したことを思い出すように、自分の弱さ、罪深さを覚え、だからこそイエス様の十字架が必要であり、またその大きな恵みに感謝して歩む者でありたいと願います。KE

      2020年10月19日のみことば

      • 2020.10.20 Tuesday
      • 02:00
      12:36
      聖書の力【No.29】手束 正昭[21](2020年10月18日放送)【番組公式配信】レインボータウンFM youtu.be/Yw-9slE5eN4 @YouTubeより
      05:39
      今週のテモテ☆ラジオです。ゲストは藤原みつえさんです。 podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3…
      05:31
      Step by Step 10月19日 ■□前進したいです!□■|テモテ牧師 @KS_timothy #note note.com/timothy_shinta…
      • 0
        • -
        • -
        • -

        2020年10月18日のみことば

        • 2020.10.19 Monday
        • 02:00
        06:34
        Step by Step 10月18日 ■□現在地を充実させる□■|テモテ牧師 @KS_timothy #note note.com/timothy_shinta…
        • 0
          • -
          • -
          • -

          2020年10月17日のみことば

          • 2020.10.18 Sunday
          • 02:00
          09:27
          神の愛と真理が人を自由にする mikotoba.jugem.jp/?eid=4666 #jugem_blog
          05:49
          Step by Step 10月17日 ■□神に期待して生きる□■|テモテ牧師 @KS_timothy #note note.com/timothy_shinta…
          • 0
            • -
            • -
            • -

            神の愛と真理が人を自由にする

            • 2020.10.17 Saturday
            • 09:26

            「そののち、ユダヤ人をはばかって、ひそかにイエスの弟子となったアリマタヤのヨセフという人が、イエスの死体を取りおろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトはそれを許したので、彼はイエスの死体を取りおろしに行った。 また、前に、夜、イエスのみもとに行ったニコデモも、没薬と沈香とをまぜたものを百斤ほど持ってきた。」ヨハネによる福音書19:38-39

             

            人の目を気にして密かにイエス様を信じていた2人の人が、イエス様の十字架の死を見て、いてもたってもいられなくなりました。 神の子でありながら、罪人である全ての人に救いの道を開くために惨めな姿で死んだイエス様を、最上のやり方で葬らせていただきたいと行動したのです。

             

            主の愛に打たれた時、人は変えられます。 真理に触れた時、人は束縛から解放されて自由になるのです。 ニコデモも立場や人からの評価に縛られていた生き方(人からは立派に見えても、虚しさを抱えていました)から、人目をはばからず大胆にイエス様に仕える者に変えられました。

             

            私たちも、主に愛され赦されているだけでその愛に応えない者ではなく、その愛に打たれ変えられて大胆にお仕えする者になりたいと願わされます。 霊の目が開かれて気づかずに縛られているものから解放されていくことができますように!FK

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << October 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM