<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
申命記27章
※まず、申命記27章全体を1回以上読んでから、みことばメールを味わってください。

静まりなさい。イスラエルよ。聞きなさい。きょう、あなたは、あなたの神、主の民となった。申命記27:9

イエス・キリストを主と信じる信仰によって、私たちも神の民となりました。ですから、今日のみことばを深く受けめ、自分自身を吟味してみましょう。静まり、神の民であることを心に刻みましょう。神の民であるならば、どのように振る舞うか、どのように語るか。神の民であるならば、地上のことだけに心捕らわれ、縛られる者ではありません。 目を天に向け、神が望んでおられる生き方、選択を見出していきましょう。イエス・キリストにあって、あなたは、あなたの神、主の民です。
* 12:24 * comments(0) * - *
申命記26章
※まず、申命記26章全体を1回以上読んでから、みことばメールを味わってください。

きょう、あなたは、主が、あなたの神であり、あなたは、主の道に歩み、主のおきてと、命令と、定めとを守り、御声に聞き従うと断言した。申命記26:17

この言葉を宣言して一日を始めてみましょう。主が私の神であり、私は主の道に歩み、主のおきてと命令と定めとを守り、御声に聞き従うことを断言します!と。祈りがきかれたら、喜びがあれば、感謝があれば…ではなく、まず決断・宣言して立ち上がり、踏み出すのです。主が私の神であり、私の力だからです。自分の感情に従うのではなく、主への信頼を断言してその決断に自分を従わせていきましょう。きょう、私たちは何に従うかを選ぶことができます。
* 10:16 * comments(0) * - *
申命記25章
※まず、申命記25章全体を1回以上読んでから、みことばメールを味わってください。

あなたは完全に正しい重り石を持ち、完全に正しい枡を持っていなければならない。あなたの神、主があなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生きるためである。申命記25:15

状況によって、相手によって量り方を変えてはならない、不正をしてはならないと教えている箇所です。私たちも気分や相手によって態度がコロコロ変わってしまうのではないでしょうか。完全に正しい重り石、完全に正しい枡を持たなければならないとありますが、どのようにしたら持つことができるのでしょうか。完全な正しさは私たち人間の内にはありません。「義人はいない。ひとりもいない。」のです。完全な正しさは神にしかありません。自分の正しさを主張するエネルギーを、神様を知る・神様のみこころを知ることに変換していきましょう。神様の基準・原則を知り、実践していくならば、今までとは違う、感謝と喜びと意外性に満ちた人生を歩むことになるでしょう。
* 07:41 * comments(0) * - *
申命記24章
※まず、申命記24章全体を1回以上読んでから、みことばメールを味わってください。

思い起こしなさい。あなたがエジプトで奴隷であったことを。そしてあなたの神、主が、そこからあなたを贖い出されたことを。だから、私はあなたにこのことをせよと命じる。申命記24:18

私たちは忘れやすい者です。神様の恵みを受けてもいつの間にかそのことを忘れたり、その状態を当たり前と思うようになってしまったり。しかし忘れてはなりません。特に、イエス・キリストの十字架の贖いにより暗闇から光へと引き上げられたこと、精神的束縛から解放されたことを。神様の恵みによって救われ、永遠のいのちを与えられたことを忘れてはなりません。忘れないためにも、いつも・すべてのことを神様に感謝しましょう。大きなことだけでなく、小さなこともすべて神様に感謝を捧げるとき、私たちの毎日は当たり前の平凡な日々ではなく、奇跡の毎日となるのです。今日が救いの日、今日が恵みの日なのです。
* 07:33 * comments(0) * - *
申命記23章
※まず、申命記23章全体を1回以上読んでから、みことばメールを味わってください。

主人のもとからあなたのところに逃げて来た奴隷を、その主人に引き渡してはならない。あなたがたのうちにあなたの町囲みのうちのどこでも彼の好むままに選んだ場所に、あなたとともに住まわせなければならない。彼をしいたげてはならない。申命記23:15-16

イスラエルの民自身が神の恵みとあわれみにより、奴隷となっていたエジプトから出て来たのだから、同じように主人のもとからイスラエルの民のところに逃げてきた奴隷をしいたげてはならないと神は命じられます。私たちも神の恵みにより日々祝福を受けているのですから、その受けた恵みによって他の人々を祝福する者となりましょう。他の人々を祝福し続けると、喜び感謝平安が私たちの内側にあふれてきます。
* 07:39 * comments(0) * - *
2017年05月22日のつぶやき
22:35
日本基督教団兵庫教区にとってリバイバルなしにはサバイバルはない!
22:35
日本基督教団にとってリバイバルなしにはサバイバルはない!
* 02:00 * - * - *
申命記22章
※まず、申命記22章全体を1回以上読んでから、みことばメールを味わってください。

あなたの同族の者の牛または羊が迷っているのを見て、知らぬふりをしていてはならない。あなたの同族の者のところへそれを必ず連れ戻さなければならない。申命記22:1

22章の1節から4節までに「知らぬふりをしていてはならない」という言葉が出てきます。この言葉は現代人には耳の痛い言葉ではないでしょうか。自分以外のことは無関心。他の人が困っていても「知らないふり」をして素通りしてしまっていないでしょうか。愛の反対は無関心と言われます。神は愛なるお方ですから、誰に対しても「知らないふり」をされません。決して誰も見捨てません。神から決して「知らないふり」をされない私たちですから、他の人に対しても神様と同じように「知らないふり」をやめましょう。愛を行動に起こしてみましょう。あなたの周りから世界が変わるでしょう。
* 09:17 * comments(0) * - *
申命記21章
※まず、申命記21章全体を読んでから、御言葉メールを味わってください。

その町の長老たちはその雌牛を、耕すことも、種まくこともしない、絶えず水の流れている谷へ引いていって、その谷で雌牛のくびを折らなければならない。申命記21:4

誰が犯したか分からない殺人の償いのために雌の子牛の首がおられなければなりませんでした。これはイエス様の十字架の予表です。私たちは自分の欲のまま罪の中にいたものですが、イエス様が十字架を通してそのすべての責任を負って下さいます。すべての罪はこの方の血によって解決され、私たちは赦されたものとなっています。この喜びを今日も味わい、感謝しつつ一日を過ごしましょう。
* 11:26 * comments(0) * - *
申命記20章
※まず、申命記20章全体を読んでから、御言葉メールを味わってください。

あなたが敵と戦うために出る時、馬と戦車と、あなたよりも大ぜいの軍隊を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの国から導きのぼられたあなたの神、主が共におられるからである。申命記20:1

主はどんな時にも私たちと共におられ、勝利を与えて下さるお方です。困難に陥った時には、環境や状況ばかりを見て恐れるのではなく、主を見上げましょう。主の時にが来るなら必ず勝利を見る。これが私たちに与えられている主の約束と希望です。
* 08:10 * comments(0) * - *
申命記19章
※まず、申命記19章全体を読んでから、御言葉メールを味わってください。

あなたの神、主が国々の民を滅ぼしつくして、あなたの神、主がその地を賜わり、あなたがそれを獲て、その町々と、その家々に住むようになる時は、あなたの神、主が与えて獲させられる地のうちに、三つの町をあなたのために指定しなければならない。そしてそこに行く道を備え、またあなたの神、主があなたに継がせられる地の領域を三区に分け、すべて人を殺した者をそこにのがれさせなければならない。申命記19:1-3

誤って人を殺してしまった場合、神様は彼が復讐によって殺されてしまわないように保護される制度を作られました。また、この逃れの町こそ、天国のひな形です。赦された者が住む町なのです。互いを赦し合う共同体こそ、神の国なのです。
* 08:16 * comments(0) * - *
| 1/295PAGES | >>