<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018年06月17日のつぶやき
10:01
今日のうどんは、かき揚げうどんです。良かったらどうぞ! 場所: 高砂教会 https://t.co/WMOBCvJKIt
09:59
家庭菜園の野菜です。ありがとうございます! 場所: 高砂教会 https://t.co/Jz6FpLzVVL
09:23
いつもPA.感謝します。 場所: 高砂教会 https://t.co/6S158lNOXJ
09:21
礼拝の祝福を祈る人々。ありがとうございます? 場所: 高砂教会 https://t.co/9WpUQr9VlK
08:45
今日の聖堂の花。初夏にふさわしく爽やかです! 場所: 高砂教会 https://t.co/y9lWY0eVlQ
* 02:00 * - * - *
2018年06月16日のつぶやき
07:24
詩篇32篇 https://t.co/5F1L31pqqH #jugem_blog
* 02:00 * - * - *
詩篇32篇

※先ず詩篇32篇全体を一回以上読んでから、御言葉メールを味わって下さい。

わたしが自分の罪を言いあらわさなかった時は、ひねもす苦しみうめいたので、わたしの骨はふるび衰えた。 あなたのみ手が昼も夜も、わたしの上に重かったからである。わたしの力は、夏のひでりによって/かれるように、 かれ果てた。わたしは自分の罪をあなたに知らせ、自分の不義を隠さなかった。 わたしは言った、「わたしのとがを主に告白しよう」と。その時あなたはわたしの犯した罪をゆるされた。詩篇32:3-5

良心の呵責という心の作用があります。 誰も見ていなくても自分の良心は見ています。

良心の強弱は人によって違いますが、 良心が強ければ強いほど、

つまり、良い人であればある程、何気ない出来事にも良心が痛み、 自責の念に苦しみ、自分で自分を罰してしまいます。

詩人は、自分の罪を心にしまい込み秘密にしてしまいました。 しかしどんなに心の奥にしまい込んでも良心は知っています。

秘密にしていた罪がうずき、どうしようもなくなりました。 そこで彼は秘密にしていた罪を神様に告白したのです。

告白した瞬間に、彼の心は解放され、赦しを体験しました。

罪は隠したり、忘れたり、償ったりして解決できるものではありません。

罪に必要なのは、告白して赦してもらうことだけです。

心に責めを感じる時、後ろめたい思いを持ってしまった時、神様に告白しましょう。

その時、神様はあなたの罪を赦して下さいます。

* 07:23 * comments(0) * - *
2018年06月15日のつぶやき
10:01
詩篇31篇 https://t.co/1F6tyDWqsJ #jugem_blog
* 02:00 * - * - *
詩篇31篇

※先ず詩篇31篇全体を一回以上読んでから、御言葉メールを味わって下さい。

しかし、主よ、わたしはあなたに信頼して、言います、「あなたはわたしの神である」と。わたしの時はあなたのみ手にあります。詩篇31:14-15

詩篇は、今を生きる私達の代弁の叫びであり、祈りであり、信仰の宣言であり、讃美です。

どう祈っていいのか言葉が見つからない時、詩篇の中からあなたの代弁となるものを選び、あなたの祈りとして声に出して詩篇を読みましょう。

今日の詩人は、様々な苦しみの中で、知人友人からも相手にされなくなり孤立無援になっています。

そんな状況で「あなたはわたしの神である」と告白しました。

人は自分の都合で近寄ったり離れたりします。

しかし神様だけは違います。神様は信じる者の味方であり、私達を見捨てることはありません。

誰も分かってくれない…と心が叫ぶ時、「あなたこそわたしの神です」と神様に向かって告白しましょう。

* 10:00 * comments(0) * - *
2018年06月14日のつぶやき
07:23
詩篇30篇 https://t.co/qMQbnqQASA #jugem_blog
* 02:00 * - * - *
詩篇30篇

※先ず詩篇30篇全体を一回以上読んでから、御言葉メールを味わって下さい。

あなたがみ顔をかくされたので、わたしはおじ惑いました。 主よ、わたしはあなたに呼ばわりました。ひたすら主に請い願いました、詩篇30:7b−8

詩人は重篤な病からの解放を喜び感謝しています。

私達の信仰生活でも、神様が御顔を隠されることがあります。

いや、神様が隠れるというよりも、私達が神様を見失ってしまうという方が正しいでしょう。

真っ暗の雨雲に覆われ、太陽も青空も見えなくても、雨雲の向こうには太陽も青空もあります。

非常に辛い状況の中で私達にしてみれば、神様が隠れてしまったと感じても、神様はちゃんと存在し、

私達を愛して下さっています。これが事実です。

信仰とは私の感覚でなく、事実を事実として認め、この事実から現状を判断し、

神様に祈ることです。「感覚」に振り回されず、神様の事実に立って歩んで行きましょう。KS

* 07:22 * comments(0) * - *
2018年06月13日のつぶやき
18:01
次の礼拝説教はこんなタイトルです。みなさんよろしく?? 場所: 高砂教会 https://t.co/gvfWdUu4jV
09:27
詩篇29篇 https://t.co/Dik1TJFOrz #jugem_blog
* 02:00 * - * - *
詩篇29篇

※先ず詩篇29篇全体を一回以上読んでから、御言葉メールを味わって下さい。

主はその民に力を与え、平安をもってその民を祝福されるであろう。詩篇29:11

この詩篇は「嵐の詩篇」と呼ばれています。 地中海からやって来る雷の伴う激しい嵐が想定されています。「み声」は「雷」に見立てられています。 激しい嵐は自然を強く揺さぶり、時には自然を破壊します。

そういう激しさに対して最後の部分は「平安をもって民を祝福する」とあります。 確かに激しい嵐は、地上の多くのものを揺さぶり、かき回します。そんな嵐も過ぎ去ると、爽やかな青空と空気が地上を覆っています。

人生にも嵐がやって来ます。嵐の中でそれまでの生き方が揺さぶられ、余計なものがはぎ取られ、真実なものだけが残ります。 やがて嵐が過ぎ去った時に、スッキリした思いで人生を歩み出すことができます。KS

高砂教会ホームページ http://takasago-church.com/

* 09:26 * comments(0) * - *
2018年06月12日のつぶやき
18:49
わぁ〜サメ美が遊びにきた。 場所: 高砂教会 https://t.co/1IVAZUzdS0
18:42
結婚25周年記念に子供達がこっそりとこんなTシャツを作ってくれていました。ええやないか!オモロイ… https://t.co/Xfn2U4Fw62
07:21
詩篇28篇 https://t.co/0eMWJBXHoO #jugem_blog
* 02:00 * - * - *
| 1/335PAGES | >>